バーで出会った男女

出会い系アプリは援助交際目的が多すぎる?

職場での出会いが少ないなどの理由から、インターネットを通じた出会いを求める人が増えてきました。
そして、その方法はコミュニケーションツールの普及によって多様化していますが、それでも出会いの場として最も利用されているのが出会い系アプリです。
実際に出会い系アプリを通じて出会い、交際や結婚に至った人は数多く存在していますが、一方で女性なら援助交際目的の人が数多く存在していて、男性でも性行為目的やワンナイトラブ・セフレの募集といった出会いを目的にした人も多いのが現状です。

出会い系アプリを利用する女性援助交際は場合によっては逮捕される可能性もある立派な違法行為ですので、男性は相手が援助交際目的だと分かっていて会ってはいけませんが、中には金銭的な要求はないまま性行為やワンナイトラブを希望する女性や男性もいるでしょう。
それに関してはお互いが了承の上なら違法行為ではないので問題はありませんが、事前に金銭の要求はなくても後になってお金を要求される悪質なケースというのも存在しています。
やはり出会い系アプリを使うのであれば健全な出会いのみで利用した方が良いでしょう。
実際に出会い系アプリ上におけるやり取りでは金銭の要求などが行われていなくても、実際に会ったら話が違うと言ったトラブルは今でも多数起きていて、その中に重大な犯罪行為に巻き込まれるケースもあって社会問題となっています。

また、出会い系アプリにおけるトラブルは実際に会った時だけに起こるものではなく、そもそも利用しているサイト自体が健全ではない場合もあって、悪質な犯罪行為を行うサイトも数多くあります。
特に男性の場合はポイント制を導入しているサイトがほとんどなので、サイト上におけるメッセージのやり取りは有料が一般的ですが、この有料のポイント制を悪用したサイトやアプリ、または女性の利用者も大勢います。
例えば、分かりやすいもので言うと料金が異常に高いというケースです。
健全な出会い系アプリであればメッセージを1通送るのにかかる料金はせいぜい50円程度で、100円を超えるような健全なサイトやアプリはありません。

しかし、悪質なサイトになると1通で200円から300円もの料金がかかります。
さらに、サイト自体が悪質なので相手の女性もサイトが雇ったいわゆるサクラと呼ばれる人たちなので、どんなに頑張っても出会えることがなく、メッセージ料金ばかりが吸い取られていきます。
料金に関してはあまりにも高いサイトは利用しなければ良いのですが、一見すると健全に見えるサイトでもサクラを雇って男性にメッセージのやり取りを促して利益を上げるサイトもあれば「女性に積極的になってもらう」との名目で、女性がメッセージを送信したり受信するとポイントがもらえて現金に換金できるサイトなどもあります。
なので、サイト自体は健全な運営をしていて実際に出会ったカップルが多くても、中にはお小遣い稼ぎを目的として出会い系アプリを利用する女性もいるので注意が必要です。

あわせて読みたい記事